新着情報

['19/01/07]

ジュウテンミエルカ® 販売開始のお知らせ

 ムネカタインダストリアルマシナリー(株)(代表取締役会長:宗形 直治)は、戸田建設(株)(代表取締役社長:今井 雅則)と共同開発した、トンネル等の工事に伴うコンクリート打設の充填状況を打設スパン全長にわたり高精度で検知・可視化することができる、超薄型シート状センサ「ジュウテンミエルカ®」(NETIS登録番号:TH-180010-A)(特許出願済)を2019年1月7日より販売を開始いたしました。これまでの特定点における局所的なセンシングによる監視から、本製品を用いることで面での精緻な監視も可能となり、より優れた施工品質管理と施工性の大幅な向上を実現します。



システム構成


山岳トンネルの覆工コンクリートへの適用例


1.本製品(センサ/データレコーダー)の特長

■超薄型シート状センサ

本センサは厚さ0.6mmという超薄型(全長13m(余長含む)、幅50mm、検知部11箇所)を実現しているため、コンクリートの断面欠損がほとんどありません。また、本センサは柔軟性を有するため、起伏のある形状への貼り付けも容易です。また、センサの長さ、検知部数はカスタマイズ可能で、用途に合わせた形状でご利用いただけます。

■広範囲をまとめて監視

検知部を1枚のシート状基材に複数配置することで、広範囲の充填状況をまとめて監視でき、従来の方法に比べて監視精度が格段に向上します。また、本センサを複数本配置することで面的な管理も行えます。

■設置作業の大幅な省力化とコスト低減

複数の検知部を1枚のシートで設置できるため、これまでの個別に設置作業を行うセンサに比べて大幅な省力化とコスト低減を実現します。また、各検知部からの信号は1本のケーブルに集約して分析機器に送信するため、検知部ごとにケーブルを接続する煩雑な作業が生じず、施工性が飛躍的に向上します。

■充填状況が一目瞭然のモニタ表示

センシングする物質(空気・水・コンクリート)を識別し充填状況をわかりやすくデータレコーダーにモニタ表示します。

2.スペック詳細

●センサ
●センサ断面図


項目センサ仕様
型式MJ01
サイズ ※1L:13(m)×W:50(mm)×T:0.6(mm)※2
重量800g
仕様温湿度範囲
保存温湿度範囲
0〜40℃、5〜85%RH(結露なきこと)

※1 カスタマイズ可能 ※2 粘着層を含む



項目データレコーダー仕様
型式MUDR100
サイズ280(mm)×220(mm)×230(mm)
(突起部を除く)
重量2.8kg
使用温湿度範囲
保存温湿度範囲
0〜40℃、5〜85%RH(結露なきこと)
測定チャンネル11チャンネル
表示本体LCDモニタ
計測時間1チャンネルあたり約0.1秒
付属ケーブル長標準5m、専用の延長ケーブルにて50mまで延長可能
記録時間最大24時間
データ記録内部メモリに最大10データ記録
外部出力USBメモリにCSV形式で出力可能※3
電源AC100V

※3 解析結果をMicrosoft ExcelTM で表示および保存可能



3.今後の展開

 本製品は、山岳トンネルの覆工コンクリート天端部の充填状況を可視化する事を目的に開発・製品化を進めてきましたが、建築物や橋梁などコンクリート打設を行う他の工事への適用も可能です。本センサの0.6mmという薄さや、検知部の配置・長さ等のカスタマイズ性に富むという特長を活かせば、適用範囲は広いと考えられます。今後は、本製品を覆工コンクリートだけでなく様々な工事へ適用し、品質向上に寄与できればと考えています。また、更なる品質向上を目指し、充填検知のみならず、締固め検知機能も備えた製品についても開発を進め、2019年度販売を予定しています。



◆本リリースに関するお問い合わせは
ムネカタインダストリアルマシナリー株式会社 戦略企画室
〒960-8157 福島県福島市蓬莱町一丁目11番1号
TEL:024-547-2629
ジュウテンミエルカ®紹介ページ:https://www.munekata.co.jp/zyuutenmieruka/